オフィシャルオーバーウォッチ2コンセプトアートが新しいバトルパス機能を漏らした可能性があります

オフィシャルオーバーウォッチ2コンセプトアートは、戦闘パス、ヒーローXPなどを含む、高度に予想される続編にやってくる新しい機能を明らかにした場合があります。

龍虎の拳 ベルトアクションやってみた! 全ボス戦 -Art of fighting Belt Action? vs All Bosses-

Blizzcon 2019では、オーバーウッチ2は最終的にその最初のプレイ可能状態に近づいています。 閉じたベータ版は、角の周り、プロプレーヤーとコンテンツクリエイターは今似ています。

この最初のビルドには、コンテンツの選択量のみが含まれていますが、残りのパッケージは後で終了するように設定されています。その結果、毎日新しい詳細を漏らしているので、私たちはすでに期待するものを調べます。

FROM のスクリーンショット、さらには陽気なオンストリームリーク。これらの新しいデザインは最初は単純に見えますが、今後の機能の範囲は画像によって確認されているようです。

前のオーバーウォッチUI Designer Jayson Kirbyから4月2日に、4月2日の新しいコンセプトピースがいくつかあります。元のタイトルのためにコンテンツに焦点を当てた画像を選択しながら、一握りは続編で新しい作業を明らかにしました。

それは私達が今以前に引き出されたシステムのさらなる証拠を有効にするというさらなる証拠を見ることができるさまざまなメニューシステムのためのものです。例えば、ホーム画面は、ゲーム内店のすぐ下のメニューのバトルパスタブを備えています。

広告

これは、Jeff Kaplanのおいしさからの前のコメント、さらには初期のゲーム評価でさえ、どちらもオーバーウォッチ2のバトルパスシステムにヒントしました。

新しいアートワークでからからかわれることは、クイックプレイプレイリストでゲームのための「ヒーローXP」の報酬でした。私たちは以前、英雄が新しい能力とパワーアップのロックを解除するためにPVEの経験でレベルedになる可能性があることを知っていましたが、この設計はXPもマルチプレイヤーで獲得できることを意味します。

明らかに、これは今のところ純粋にコンセプトアートですので、計画は開発中で変化することができることを思い出す価値があります。これらの機能のいずれも実際にそれを最終的なゲームにすることを保証するものはありません。

4月にベータ版にもかかわらず、フルゲームが起動することがあるときに確かに言うことはまだありません。だから私たちの目を片付け続けるためにあなたの目を私たちのオーバーウォッチ2ハブに皮をむいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。