政府はソーシャルメディアユーザーのための苦情救済メカニズムに関する提案に開かれています:IT大臣

政府は、ソーシャルメディアユーザーが提起した不満を解決するための「より良い解決策」を提供できる効果的な自己規制上の控訴メカニズムを示唆する大きなハイテクプラットフォームに「オープン」であると、Rajeev Chandrasekhar大臣は火曜日に、ソーシャルメディアルールの新しい修正を主張したと述べた大規模な協議の後、7月の終わりまでに確定されます。センターは、ソーシャルメディアプラットフォームの苦情処理担当官の決定に対して個人が提出した控訴を調査するために、センターが苦情控訴委員会を設立することを提案しているため、重要性を想定しています。

その上、パネルは、IT規則で提案されている修正に従って、30日以内に控訴を処分する必要があり、その決定は仲介者または関係する大規模なソーシャルメディア企業を拘束します。

「業界が提案しているなら…苦情控訴に対処する独自の方法は、私たちはオープンです….これは相談です…誰かがより良い、より効率的な解決策を持っているなら、私たちはより良いアイデアに対して開かれています」記者団に語った。

大臣は、提案された修正は、ソーシャルメディアユーザーに苦情救済のために「追加の道」を提供することを目的としていると述べた。

「業界、およびこれらのプラットフォームが独自の自己規制、自己救済上の控訴メカニズムを思いついた場合、私たちはそれに対して開かれていると考えています」と大臣は述べ、ユーザーは現在そのようなメカニズムを持っていないと指摘しました。に向きます。

DAY

業界が消費者の苦情に取り組み、説明責任があることを確認するという独自の枠組みを形成している場合、政府はそのような提案に開かれます。

不満は現在のフレームワークで効果的に解決されていない、と彼は観察した。

控訴の管轄権の問題は、大規模な技術プラットフォームが苦情処理官のメカニズムの精神と、規則に導かれた苦情救済モデルの精神を遵守しない場合に発生します。

「苦情担当官の考えは、彼/彼女が消費者によって提起された苦情に対処するということでした…それは説明責任の全体的な考えです。そして、彼らはただ認められますが、何も起こりません」と彼は言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。